某うつ営業の日記。

新卒2年目、会社2社目、ブラック企業の営業してたらうつになったみるきーさんのブログです。何でも書くよ!

うつ病でブラック企業を休職できないと思ってたら出来た②

どうも。みるきーです。

 

 

さて、前回の続きを書こうと思います。

明日は今日、休職最後の日を書くつもりですが。

 

 

 

朝、死刑とも思える早出固定残業延長戦を宣告されたみるきー

泣く場所であるトイレ禁止令で逃げ場を失い、職場で号泣NGを喰らい、

 

 

こりゃ診断書出すのはあかんなぁ

 

 

とおもったら社長に診断書を渡したことでなんとか休職を早めてもらったのがお昼休み。

 

 

そして、社長以外に私の異変に気がついていた人がいたのでした。

 

 

お局さん。

時短勤務を使いながら、私のことを「若いのに逸材だよ」「みるきーちゃんはすごいねぇ」とよく気にかけてくれて褒めてくれる、みるきーの大好きなお局さん。

 

 

そしてお局様との面談がその日にあったのです。

 

 

 

まず、お局さんから言われました。

 

みるきーちゃん、今まで気が付かなくてごめん。みるきーちゃんが辞めたい!って言った時、気づいてあげればよかった……」

 

 

そんなことはないんです、お局さんはいつも私のことを見てくれていたんです。期待に応えられなかったわいが悪いのです……

 

 

上司がもっとわかって欲しかったんだけどな!

 

そして。もうひとつ確信をつくことも言われました。

 

 

みるきーちゃん、同期も知り合いも誰もいなくてひとりぼっちで寂しかったのねぇ…って事務の二人で話してたのよ。…ごめんね。採用おろそかにさせてて……」

 

「妊婦さんがきたら嬉しいかなぁって思ったけど、まさかそんなこと言われるなんて……しんどかったでしょう。外回りばかりで気が付かなくてごめんね」

 

 

みるきーの目から涙がぽろぽろ。

……思えば私は毎日孤独でした。

 

 

歳が近い子も、独身の女の子も、内輪の子達でない人たちも。

私の周りにはいなかったのです。

 

 

 

上司に相談するにも年が上だし仕事を押し付けるのは気が引けます。

 

 

上司の前では明るく振る舞わないと!と頑張りすぎます。

 

 

……上司のまえでは成績良くありたくて、頑張りすぎてました。

 

 

今更謝罪されたって、私の体はボロボロですし、もう人にも会いたくなくて辛いのです。

 

 

 

ただ。

私が鬱になる時に決まったのですが6月に総会、なるものが開催されるようで……。

 

 

そこで、お休みの増加と、月給の増加、社員待遇の改善諸々……を話し合われることになったそうで。

 

 

 

まぁ内輪会みたいなもんでしょうけど。

 

 

 

とりあえず今は早出固定残業はやりたくないのですが復帰しなくては……と思っていました。

 

 

土曜日、あの事件さえなければ。

 

 

 

 

……では。