HSPで適応障害なみるきーさん日記

適応障害*HSP*新卒3ヶ月で退職した超甘ったれなみるきーさんのブログです。何でも書くよ!

HSPは、人それぞれ。

 

 

どうも!みるきーです。

 

 

今日は私の特性のひとつであるHSPについて…私がどんなことで大変に思ってるのか紹介します✩

 

 

まぁHSPといっても、人によって個人差や特性はあります。

 

 

大体七割のHSPの人は内向的……と言われていますが……三割の繊細さんは社交的で明るく、繊細さんに見えない繊細さんなのです。

 

 

でも、人からそう見られないってしんどい。

なんでそんなこと分かるのかって?

 

 

だって私がその三割の中にいるから。

 

 

私は明るくわんこ基質な繊細さん。

傍から見たら繊細さんには見えない繊細さん。

明るく振舞っていても、こんなに困ってることがあるんです。

 

 

 

・人が自分に触ってくることに敏感。

特に多いのが公共機関(電車やバス)。

隣の人のリュックの紐や……肩幅や……髪の毛とかがかかるのが本当にきつい。特に左半身が敏感で、そちら側に何かされたら…ぞっとします。

 

だから席とか人がいない車両に移動する、とか、詰めたり肩幅引っ込める座る癖がついちゃって……

 

 

だけどここぞとばかりに幅取ってくる人がいると本気でしんどくなります。特に男性。めっちゃ吐き気してきます。

 

 

あと握手も少し苦手、かな。

道理で彼氏が出来ないわけですよ笑笑欲しいですけど彼氏。

 

 

 

 

・聴力、嗅覚が敏感。

人よりもいろんな音を拾っちゃう。大声で騒がれたり、子どもの奇声や、大きな音にもすぐびっくりしちゃって集中がすぐに切れちゃう……

 

 

だから、外に出る時は自転車に乗る時以外は必ずイヤホンをしています。

 

 

外すと、混乱してしまって大変なんです…。

 

 

また、嗅覚も敏感なので香水や加齢臭等もアウト。すぐに吐き気がしてしまいます。自分の汗の臭いにもダウンしそうになる時も……。

 

 

……実家にいた時は晩御飯が何なのか家の近くに行くだけでわかっていたことは特技でしたが笑ただの腹ペコ。

 

 

 

 

・人の言動に敏感。

人がほんの少しふざけた一言でも……

繊細さんはすごく傷つく場合があります。

また、トラウマ体験もしやすいという結果も出ているんです。

 

 

初対面の人に「(あんたのヲタ趣味)気持ち悪っ!」と言われたこともトラウマですし……(そりゃ性癖は変わってるって知ってるけど!)

 

 

去年ヘルニアを発症して手術した時も両親に「ヘルニアは病気じゃない」と言われたり、後遺症で大変な時も国家試験の勉強を強要されてすごく痛かったことはトラウマとしてかなり根付いてます。

 

 

それが、対人関係でのコミュニケーションに抵抗感を生んでしまうのです。

 

 

明るく見せていても、心の中はボロボロ……

家に帰ると一気に出る疲労感……

外の世界には危険がいっぱい。

できれば家の中にいて、大好きなぬいぐるみをぎゅっとして本を読んでいたい。

でも、心配されないように、人の前では明るく。ひたすら明るく。

 

 

 

それが、私なのです。

 

 

わんこ基質な繊細さん。

どうぞ覚えておいてくださいね。

 

 

50人に3人は、そんな繊細さんなのです。

 

 

 

ではでは(-^〇^-)