HSPで適応障害なみるきーさん日記

適応障害*HSP*新卒3ヶ月で退職した超甘ったれなみるきーさんのブログです。何でも書くよ!

新卒野郎が適応障害でブラック施設を3ヶ月で辞めた話。最終回。

 

 

どうも!みるきーです。

 

 

私のこれまでの経緯も、これで最後になりました。今日は休職中の出来事を中心に。

 

 

 

休職してからと言うものの、私に休むという二文字はありませんでした。

 

 

生きるために、一人暮らしを続けるために転職活動をしなくてはいけません。

 

 

実家の両親は、私の適応障害のことや早く仕事を辞めたことを「甘え」や、「だらけ」だと言っている無理解な両親。

 

 

一週間実家にも帰りましたが、それを痛感いたしました。私には、一人暮らしの気質があってるみたいです。

 

 

でも転職活動は難航しました。

20社以上受けました。

でも、内定はゼロ。

交通費でお金は減る一方。

どんどんなくなるモチベーション。

 

 

でも、「7月までには次の仕事を決める!」と決意し、22社目。SEの仕事でした。

 

 

 

一次面接で、やる気がない、勉強してみろと激しく怒られ心が折れました。

 

 

ここもダメなんだろうな……と思いました。

だから、言われたことを次に生かすために、勉強を始めました。

 

 

しかし。

二次面接の連絡が来たのです。

私びっくり。

 

 

それからは勉強の毎日でした。

転職活動をしながら、掛け持ちのバイトをしながらの生活。合間にITの勉強やタイピングの練習をしました。

 

 

そして迎えた二次面接。

面接官さんにこう言われました。

「折れずに来てくれたね」

 

 

面接官さんは、私を試していたのです。

やる気があるか、根気があるか。

 

 

 

その日のうちに、内定が決まりました。

そして、社長さんにその面接官さんが「紹介したい子がいる」と言っていたこともわかりました。

 

 

あぁ、見てる人は見てるんだと、心が温かくなりました。

 

 

まだ選択肢を広げるべく、SEの別企業を受けてみる予定です。頑張ってます。

 

 

 

 

あと、学生時代にお世話になってたバイト先で少しずつ働くことの見直しをし始めました。

 

 

発作が出ないのでとても助かります。

 

 

上の人以外はみんな仲がいいので、気の置けない関係です。

 

 

 

たしかに12時間勤務もあり、疲れますが……働きがいがあります。

 

 

 

ただ、小さい子が来た時は発作が出そうになります。その時は、ちょーっと抜けさせてもらって一呼吸置かせてもらいます。

 

 

皆さん理解があって、ほっとします。助かります。

 

 

また、HPSのコミュニティー、そしてTwitter適応障害の人たちと繋がって、のんびりと自分が焦らないように、のんびりと生活しております。

 

 

私もTwitterやコミュニティのみんなみたいに、誰かを支えられる人になれたらいいな。と思って、今はHSPの本や前向きになる本をたくさん読んでいます。

 

 

適応障害の発作も、お休みを経て回復してきました。

 

 

 

食欲も出て、睡眠薬を使わなくてもたくさん動けばよく眠れるようになりました。

 

 

 

早寝早起きを心がけ、毎日ずぼらヨガをして生活しております。

 

 

人間、おやすみすればこんなに豊かに、穏やかになるんだな〜と実感しております。

 

 

 

そして最後に。

昨日、退職届からの辞令が送付されてきました。これで31日付でブラック施設とはおさらばです。

 

 

ただ、施設の鍵を返しに、そして荷物を取りに施設にまた行かなくてはいけませんが。

 

 

でも私の気持ちは前向きです。

そして、晴れやかです。

私、これからもっと頑張ります。

 

 

 

これからは日常について話していくと思います。今後ともよろしくお願いします🌟🌟

 

 

では。