HSPで適応障害なみるきーさん日記

適応障害*HSP*新卒3ヶ月で退職した超甘ったれなみるきーさんのブログです。何でも書くよ!

仕事決まったけど三日で派遣切りにあった話

 

 

こんばんは。みるきーです。

 

 

無職期間ももう3ヶ月目になっちゃいました。

本当だったらもっと早く働けてたんだけどな。

 

 

思えば……

退職時には内定決まってたのに突然内定取り消され

面接30社受けても全落ち

 

 

……踏んだり蹴ったりなこの数ヶ月だったんですけどね、先週のね、月曜日からね、メンクリの受付事務のお仕事に派遣で採用されましてね。

 

 

 

やったぜ!!!今日からまた社会復帰や!!!

 

 

 

……と意気揚々と仕事に励んでいたのですが……

 

 

 

3日目に一言だけ私語を話しただけで……

 

 

 

4日目の朝。出勤前に連絡がありもう来なくていいと。

……要するに派遣切りに会いまして。

 

 

 

聞いてください3日ですよ?

たしかに私語を話した私も悪かったです。

 

 

 

でも……

 

 

 

すごく肩が痛くても、

仕事が不安でずっと夜眠れなくても(現にその3日間は動悸やら酷くて全く寝てないです)

必死に付いていくためにA4の紙に表裏全部使って。10枚以上書き込んで。

私なりに頑張ってきたつもりなんだよね。

 

 

 

なのにその一言で、その3日で私の何がわかるんでしょうね。

 

 

 

3日で人間分かったら苦労はしないわ笑

 

 

 

もう木曜日から呆然としちゃってさ。

昨日大家さんとお茶して久々に固形物食べたってレベルで食欲失せて、眠れなくもなって。

 

 

 

でも、不思議とめちゃくちゃ泣きたいのに泣けなくて……もう悲しいを通り越したのか、涙が出てこなくなったんだなぁって。

 

 

 

ああああああああああああああああああ社会復帰してぇよおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

誰だよひとりにひとつ仕事があるって言ったやつ。

 

 

 

仕事なんてないじゃん。

社会復帰出来ないじゃん。

じゃあ何で仕事見つからないの?内定取り消しにあうの?派遣切りあうの?なんで?なんで私だけ?

 

 

 

辛くて辛くて、何しててもそればかり考えちゃう私なのでした。

 

 

 

もう一度言わせてください。

 

 

ああああああああああああああああああ社会復帰してぇよおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

では……

 

 

 

 

 

 

 

追い詰められた時の息抜きの話。

 

 

どうもこんにちは!みるきーです。

 

 

この間斡旋してもらった仕事、やっぱり期間が半年から……ということでやっぱりダメになっちゃいました。残念。

 

 

てか一言で言いますけど……

 

 

 

私今絶賛ニート中です。

 

 

貯金がそろそろ尽きそうなニートです。

誰がこんなこと予想してたのでしょうか。

 

 

 

仕事採用されない……(そりゃ3ヶ月で辞めたからね…)

お金もない……

 

 

 

適応障害の発作もあいまって…(病院に保険証がなくて行けないので今はお薬を飲んでません!)

 

 

 

私生きてる価値ない、死にたい……将来不安……

 

 

と思ったこと、多々あります。

これも適応障害の一環なのと、HSP基質で追い込まれやすいってのもあるんでしょうけどね。

 

 

 

そんな時、私がやってよかった!よくなかった!ということを書いておきます。

 

 

《よかったこと》

 

一人カラオケ等外に出ること

みるきーさん、卒業した大学近くに一人暮らしを続けているため、周りには友人がいません。

 

 

ですがカラオケボックスはめちゃくちゃあるので、一人カラオケに2年ぶりに行ってきました。

 

 

2時間で喉潰れますよ。

喉潰れると同時にスッキリしますよ。

 

 

とにかくノリノリな曲を歌うのがポイント。1人でいくのも楽しいです。

 

 

 

また、外に出てお参りに行ったり、一人でリセットできる環境にいくことが大事だと思います。

 

 

 

ちなみに、お参りに行くとおみくじを引いて、凶以外のおみくじは全部お財布に入れて持ってます。戒めとして。

 

 

 

・寝ること

睡眠薬を飲んで、( ˘ω˘ ) スヤァ…

 

とにかく時間が癒してくれるものもありました。なんにもない時間がとっても幸せに……なりました……

 

 

 

・人と話すこと

理解のない方とではなく、理解ある方と話す。これだけでも十分救われることはありました。

 

 

ま、両親とも不仲でお友達があまりいないみるきーTwitterの皆さんに支えてもらいつつ良くなっていきました。ありがとうございます。

 

 

 

・笑うこと

何もなくてもいいから笑う!

 

 

好きなアニメ見たり

好きなマンガ見たり

好きな推しみたり

面白いテレビを見たり

 

 

大げさにガハハと笑ってみる。

……なんかちょっとスッキリするんですよね。

 

 

 

↑これから見たらただのクソヲタニートですよね、はい。

 

 

 

《よくなかったこと》

 

・部屋に引きこもること

ダメ。絶対。

どんどん悩んでしまって、最終的にはお薬でなんとかしてました。

 

 

1人きり、ダメ、絶対。

 

 

 

・ご飯を食べない

ご飯を食べないと脳に栄養がいきません!

考えも鈍くなります。

だから、無理してでも、一口はご飯食べた方がいいな……って思いました。

 

 

 

だから、死にたいって思ったら考え込まずに誰かに相談してくださいね。

 

 

 

私も支えられたから乗り越えられたので、乗り越えられないもんはないです。

 

 

 

一緒に辛い時期、乗り切りましょう。

 

 

 

では!

 

 

 

 

 

HSPは、人それぞれ。

 

 

どうも!みるきーです。

 

 

今日は私の特性のひとつであるHSPについて…私がどんなことで大変に思ってるのか紹介します✩

 

 

まぁHSPといっても、人によって個人差や特性はあります。

 

 

大体七割のHSPの人は内向的……と言われていますが……三割の繊細さんは社交的で明るく、繊細さんに見えない繊細さんなのです。

 

 

でも、人からそう見られないってしんどい。

なんでそんなこと分かるのかって?

 

 

だって私がその三割の中にいるから。

 

 

私は明るくわんこ基質な繊細さん。

傍から見たら繊細さんには見えない繊細さん。

明るく振舞っていても、こんなに困ってることがあるんです。

 

 

 

・人が自分に触ってくることに敏感。

特に多いのが公共機関(電車やバス)。

隣の人のリュックの紐や……肩幅や……髪の毛とかがかかるのが本当にきつい。特に左半身が敏感で、そちら側に何かされたら…ぞっとします。

 

だから席とか人がいない車両に移動する、とか、詰めたり肩幅引っ込める座る癖がついちゃって……

 

 

だけどここぞとばかりに幅取ってくる人がいると本気でしんどくなります。特に男性。めっちゃ吐き気してきます。

 

 

あと握手も少し苦手、かな。

道理で彼氏が出来ないわけですよ笑笑欲しいですけど彼氏。

 

 

 

 

・聴力、嗅覚が敏感。

人よりもいろんな音を拾っちゃう。大声で騒がれたり、子どもの奇声や、大きな音にもすぐびっくりしちゃって集中がすぐに切れちゃう……

 

 

だから、外に出る時は自転車に乗る時以外は必ずイヤホンをしています。

 

 

外すと、混乱してしまって大変なんです…。

 

 

また、嗅覚も敏感なので香水や加齢臭等もアウト。すぐに吐き気がしてしまいます。自分の汗の臭いにもダウンしそうになる時も……。

 

 

……実家にいた時は晩御飯が何なのか家の近くに行くだけでわかっていたことは特技でしたが笑ただの腹ペコ。

 

 

 

 

・人の言動に敏感。

人がほんの少しふざけた一言でも……

繊細さんはすごく傷つく場合があります。

また、トラウマ体験もしやすいという結果も出ているんです。

 

 

初対面の人に「(あんたのヲタ趣味)気持ち悪っ!」と言われたこともトラウマですし……(そりゃ性癖は変わってるって知ってるけど!)

 

 

去年ヘルニアを発症して手術した時も両親に「ヘルニアは病気じゃない」と言われたり、後遺症で大変な時も国家試験の勉強を強要されてすごく痛かったことはトラウマとしてかなり根付いてます。

 

 

それが、対人関係でのコミュニケーションに抵抗感を生んでしまうのです。

 

 

明るく見せていても、心の中はボロボロ……

家に帰ると一気に出る疲労感……

外の世界には危険がいっぱい。

できれば家の中にいて、大好きなぬいぐるみをぎゅっとして本を読んでいたい。

でも、心配されないように、人の前では明るく。ひたすら明るく。

 

 

 

それが、私なのです。

 

 

わんこ基質な繊細さん。

どうぞ覚えておいてくださいね。

 

 

50人に3人は、そんな繊細さんなのです。

 

 

 

ではでは(-^〇^-)

 

 

 

 

 

本当に怖い、適応障害!

 

 

こんにちは!みるきーです。

 

 

昨日あれから派遣の面談をしてきました。

そこでなんと!適応障害にも対応できるような職場を斡旋していただけました(-^〇^-)

 

転職活動が一ヶ月以内で終わってしまった場合退職しても大丈夫かどうか、月曜日か火曜日には結果が出るみたいです。

企業のお返事次第ですが、いい結果になることを祈るしかないですね。適応障害の事を踏まえた上で仕事を斡旋していただきよかった〜と思います。

 

 

 

そもそも、適応障害って原因を取り除けば治るんじゃね?

 

 

そう思う人が圧倒的だと思います。

でも、当事者から言わせてもらいます。

 

 

原因取り除いたとしても、きっつい。

 

 

 

まぁ働いてた頃も地獄みたいだったんですけどね。

 

 

当時の日記が出てきたのでチラリ。

 

 

f:id:nostal_milky:20170812223030j:image

 

 

走り書きなので、ここで翻訳。

 

 

 

6月11日

お休み終わっちゃった。明日泊まり。今から心が重い。履歴書ばかり書いてた。1社でも受かればいいんだけど。とにかく今の所から逃げたい。子どもがいるところから逃げたい。〇〇(私のあだ名です)っていう声を聞くことが辛い。やめたい。しかも明日会議だから10:00超勤。今から既に行きたくない。心が今から重い。薬飲んで寝よう。

お金あったら今日パフェしてたんだけどな…〇〇(推しの名前)に使ったからいいやと思う。

 

 

 

20社以上受けて受かったの1社だけだけどな!甘かったな過去の私!

 

 

6月12日

子どもに上手く接せない。かんちがいさせてしまった。私最低だなって思う。夜も全然動けなかった。子どもに(ここで途切れる)

 

 

書く気力が無かったんだろうなぁ〜職場で書いてたもんなこの日。続き書けよ〜

 

 

 

……まぁ、身体的疲労と精神的に参ってるのが見て取れたと思います。若干心の声入ってる部分はありますけど。

 

 

まぁ退職後で適応障害は終わりだぜいぇーい!

なんてわけが無いのが怖いんですよ適応障害は…

 

 

 

睡眠障害が治らない!

これが一番でかい。

仕事で眠れなかったってのも一因としてあるだろうけど、とにかく眠れない。

 

夜眠れず→朝遅く→昼眠くなって→また夜眠れない

 

の無限ループ。これが毎日。睡眠薬大好きになりました。

 

 

・いつもと違う自分に戸惑う

ご飯食べる量が少なくなったり……すぐ泣いたり……情緒不安定になったり……仕事を思い出すと発作を起こしたり……過去の仕事を思い返したり……趣味もろくにできなくなったり……お出かけする時も本気で疲れたり……ドカ買いしちゃったり……

 

 

そんな自分に悩んで、しんどくなります。

自殺願望まで出てきた時は流石にびっくりしました。頓服飲んだり、Twitterの皆さんに支えてもらってなんとか生きてますけど。

 

 

お出かけする時疲れが倍増するのは嫌だなぁ……と。お出かけ好きなので。

 

 

HSPの繊細さがさらに増した

繊細さんことHSPである私特有の症状なのかもしれないのかな〜と思うのですが。

 

 

子どもの甲高い声。大きな音や光。喋り声。

 

 

めっっっっちゃストレス溜まる。

ストレス溜まりすぎてまたさらに疲れる。

 

 

 

 

……という訳で……これから治療していくのが大変そうですね……

 

 

 

頑張ります、が私の合言葉。

できる範囲で、やれる範囲で……私のペースをまた取り戻していこうかなと思います。

 

 

ではまた〜!!

 

 

 

 

 

無職。なんとか、生きてます。

 

 

お久しぶりです!みるきーです。

 

 

実はあれからゴタゴタありまして……メンタルがここ数日かなり不安定です。

 

 

 

内定もらった会社から突然内定取り消しに…

……見たまんまです!

期日通りに連絡をしたのですが内定取り消しが決まりました。連絡を入れても無視をキメこまれてします。嫌んなっちゃいますよね。

 

 

バイトで大ミスをして会社に迷惑をかけた。

……やらかしました。公私混同してしまいとんでもないことをしました。趣味の範囲も縮まるとお達しが来ました。これでも相当凹みました。

 

 

 

・内定もらったけどこれでいいのか分からない!

それから数日後。

私は内定をまたいただきました。

取り消しを食らったところと同じく、プロジェクトに派遣されるSE。新しく出来た会社だったので数人だけの会社でしたが……

 

 

でも派遣ですと、適応障害にもよくないのでは?と両親や友人、私も混乱してしまってます。(ただ会社側はいつでも待ってるからねーと言ってくれていてありがたい限りです)

 

 

 

・私、どう生活していこう?不安……

一人暮らしの家賃に、奨学金返済、メンタルクリニックの通院費……

 

生活がどんどん困窮していきます……

ご飯も最近は白米をお茶碗一杯だけ。とお味噌汁。外食もできません。……てかショックで食べられない日もあります。

 

両親は公務員に就け、派遣はやめろ、働け……と適応障害に無頓着。友達もあまりいないので一人で寂しく暮らしていくことにも不安が。でも、両親の所では精神的に暴力を振るわれるので暮らしたくない……

 

 

 

結局悩みをつらつら連ねていきましたが、ここ数日本当に死にたさしか無くて……はぁ。情けない話ですよね。

 

 

 

でも、好きなマンガが再開するまでは生きるって決めました。

 

 

とりあえず、今日も派遣の面接行ってきます……頑張らなきゃ……

 

 

 

では。

新卒野郎が適応障害でブラック施設を3ヶ月で辞めた話。最終回。

 

 

どうも!みるきーです。

 

 

私のこれまでの経緯も、これで最後になりました。今日は休職中の出来事を中心に。

 

 

 

休職してからと言うものの、私に休むという二文字はありませんでした。

 

 

生きるために、一人暮らしを続けるために転職活動をしなくてはいけません。

 

 

実家の両親は、私の適応障害のことや早く仕事を辞めたことを「甘え」や、「だらけ」だと言っている無理解な両親。

 

 

一週間実家にも帰りましたが、それを痛感いたしました。私には、一人暮らしの気質があってるみたいです。

 

 

でも転職活動は難航しました。

20社以上受けました。

でも、内定はゼロ。

交通費でお金は減る一方。

どんどんなくなるモチベーション。

 

 

でも、「7月までには次の仕事を決める!」と決意し、22社目。SEの仕事でした。

 

 

 

一次面接で、やる気がない、勉強してみろと激しく怒られ心が折れました。

 

 

ここもダメなんだろうな……と思いました。

だから、言われたことを次に生かすために、勉強を始めました。

 

 

しかし。

二次面接の連絡が来たのです。

私びっくり。

 

 

それからは勉強の毎日でした。

転職活動をしながら、掛け持ちのバイトをしながらの生活。合間にITの勉強やタイピングの練習をしました。

 

 

そして迎えた二次面接。

面接官さんにこう言われました。

「折れずに来てくれたね」

 

 

面接官さんは、私を試していたのです。

やる気があるか、根気があるか。

 

 

 

その日のうちに、内定が決まりました。

そして、社長さんにその面接官さんが「紹介したい子がいる」と言っていたこともわかりました。

 

 

あぁ、見てる人は見てるんだと、心が温かくなりました。

 

 

まだ選択肢を広げるべく、SEの別企業を受けてみる予定です。頑張ってます。

 

 

 

 

あと、学生時代にお世話になってたバイト先で少しずつ働くことの見直しをし始めました。

 

 

発作が出ないのでとても助かります。

 

 

上の人以外はみんな仲がいいので、気の置けない関係です。

 

 

 

たしかに12時間勤務もあり、疲れますが……働きがいがあります。

 

 

 

ただ、小さい子が来た時は発作が出そうになります。その時は、ちょーっと抜けさせてもらって一呼吸置かせてもらいます。

 

 

皆さん理解があって、ほっとします。助かります。

 

 

また、HPSのコミュニティー、そしてTwitter適応障害の人たちと繋がって、のんびりと自分が焦らないように、のんびりと生活しております。

 

 

私もTwitterやコミュニティのみんなみたいに、誰かを支えられる人になれたらいいな。と思って、今はHSPの本や前向きになる本をたくさん読んでいます。

 

 

適応障害の発作も、お休みを経て回復してきました。

 

 

 

食欲も出て、睡眠薬を使わなくてもたくさん動けばよく眠れるようになりました。

 

 

 

早寝早起きを心がけ、毎日ずぼらヨガをして生活しております。

 

 

人間、おやすみすればこんなに豊かに、穏やかになるんだな〜と実感しております。

 

 

 

そして最後に。

昨日、退職届からの辞令が送付されてきました。これで31日付でブラック施設とはおさらばです。

 

 

ただ、施設の鍵を返しに、そして荷物を取りに施設にまた行かなくてはいけませんが。

 

 

でも私の気持ちは前向きです。

そして、晴れやかです。

私、これからもっと頑張ります。

 

 

 

これからは日常について話していくと思います。今後ともよろしくお願いします🌟🌟

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

新卒野郎が適応障害でブラック施設を3ヶ月で退職した話。その4。

 

 

どうも!みるきーです。

 

 

さて。ついに6月後半、休職したいと病院にやっと伝えられたみるきーでしたが。その後またくそややこしい事態が起こっておりました。

 

 

病院からの診断書を施設に提出した後、上の人が何も言わないからずっとお休みを取っていました。

 

 

頭の中は仕事の不安感でいっぱい。

なんで連絡ないんだろう?

職場に迷惑かけちゃったな。

子どもたちに、大人げなかったな。

みんな、元気かな。

 

 

ずっと、仕事のことだけしか考えてませんでした。

 

 

会社からの連絡があったのは土日休みが明けたとき。管理職だけは呑気に土日休みなんです。

 

 

そこで突然、本園に呼び出されました。

 

 

度々適応障害のカウンセリングという名目で、心理士さんや産業医さん同伴のもと話し合いを進めては来ましたが、今回は一人ぼっちの戦いです。

 

 

とても怖くて、行きたくなかった。

そう思った途端最寄り駅で、過呼吸を起こしてしまいました。

 

 

なんとか施設までは時間前に来たものの、玄関についた瞬間崩れ落ちて息が出来ず。

 

 

私の異常に気がついてくれた心理士さんと事務の方に落ち着くまで別室で看病をしてもらいましたが、待ち合わせの時間になっても発作はあまり収まりませんでした。

 

 

しかし。

みるきーさん、話し合いしましょう。」

施設長は、待ってくれませんでした。

二人にお礼を言い、言われるがままよろよろ会議室へ。そこには知らない人が2人。

 

 

法人の上層部でした。

もちろん、話も聞いていません。

発作もおさまらず、混乱する私に彼らは告げました。

 

 

「君は研修中だから、休職は出来ない」

「休職中は、給料なんて出ない」

「だから、6月で辞めてくれ。」

「定期は解約してくれ。」

「もちろん保険証も返してもらうね」

 

 

あまりに唐突でした。

でも、言われるがまま震える手でサインをさせられてしまいました。

唯一の身分証である保険証も取られてしまいました。

正直逃げたかった。

怖くて、不安で、仕方なかった。

相手は過呼吸もろくに収まっていないのに、どうしてそんなことをするのだろう?と思いました。

 

 

でも部屋を出て、心理士さんにお礼を言って相談した時初めて「7月からお金が払われない」「生活ができない」ことを知ったのです。

 

 

そして、保険証がないから病院にも行けないことも改めて気づきました。

 

 

私の病状を知っている上司によると、その日の朝に6月付で退職することが決まっていた、とのこと。

 

 

話し合いがあったのは、夕方。

嵌められた。

そう思いました。

この施設は、ここまで酷なことをするのか。と。

 

 

私がさっきまでいた部屋では、法人の人と施設長がゲラゲラと笑っているのが聞こえました。

 

 

悔しかった。

退職届をなんとか撤退させたい。

心理士さんと別れ際「体を治すことが優先」と約束しましたが、やはり生活のことを考えると何とかするしかありませんでした。

 

 

 

そこで私は、とあるユニオン使うことにしてみました。

 

 

 

「介護・保育ユニオン」

 

 

 

福祉系専門の労働ユニオンです。

相談しても、何もなりそうにないと思っておりました。

 

 

しかし、ユニオンが施設に連絡をしてくれた結果、また話し合いの場を設けることが決まりました。

 

 

 

これでダメなら、労基にでも出るところに出よう。仕事も決まってないんだから……

覚悟はしてました。

 

 

 

しかし、法人が告げたのはあっさりとした内容でした。

 

 

「休職を特例で認めます」

「傷病手当ではなく、病欠有給という形にします」

「7月まで在籍で構いません。」

 

 

 

ユニオンの方が何をしてくださったかはわかりません。でも、奇跡が起こった……とこの時ばかりは思いました。

 

 

私はこの状況を承諾し、休職することになりました。

 

 

 

部屋を出ると、心理士さんと理解してくれた上司がいました。

 

 

私が結果を話すと、ほっとした様子で

「よかったね」

「無理だけはするな」

「辞めることを、後悔するな」

「ま、迷惑はかけたけどな!笑(冗談)」

と話してくれました。

 

 

優しい言葉と、こんなに思ってくれる人もいたことに、胸がいっぱいになりました。

 

 

 

そんな一悶着があってそろそろ一ヶ月。

私は現在も休職をしているわけです。

 

 

次回は、療養をしながら転職活動をしている現在に至るまでつらつらと書いていきたいと思います。

 

 

では。